祝 日本語補習校小学部卒業

本日、Kが、日本語補習校の小学部を無事卒業しました。
週に1回しか通わない、日本語補習校。
でも、日本のカリキュラムで進められるので、1週間分が、1日にぎっしり詰まっている分、宿題も多く、宿題バトルで家庭崩壊するかと思った時もあったし、ここまでの道のりは長かった...でも、終わってしまうと、あっという間だったかな。
一つの節目を無事終える事が出来て、私もホッとしています。

卒業式は、Bも来たんですが、泣くのを覚悟でハンカチを忘れずに持って行ったけど、うるっときた程度で終わってしまい、ちょっと拍子抜け。
でもね、入学式の時を思い出すと、成長したなぁ〜。
現地校と補習校の両立、決して簡単でなかったけれど、Kにとって大事な友達も出来たし...終わりよければ、全てよし!?

変なところ、こだわりのあるK(私も子供の頃そうだったので、あまり文句は言えないけれど)、服装に関して”スーツは嫌、皮靴も嫌”と言われ、いろいろ探し、黒のパンツ、白シャツ、黒のベストに蝶ネクタイ、それから、カジュアル過ぎないスニーカーで、ちょっとお洒落をして行きましたよ。
そして、卒業式の後は、卒業パーティー、少人数で2次会もして、その後モールにまで行き、家に戻ったのは、夜9時半過ぎ。

f0014009_1338579.jpg


家に帰って来た後、Kは、満足そうな顔をして、卒業証書を持って写真を撮らせてくれました。
そして、記念品の1つとしてもらった、お饅頭を2個ペロリと食べておりましたよ。
アメリカにいながら、紅白饅頭ってところが、日本の卒業式って雰囲気が出ますね。
それも、今年は、LAから運ばれてきたお饅頭ではなく、ローカルの美味しいお饅頭。
お饅頭好きのKには、たまらない!!

それから、Kの意思で中高部へ進学する事を決めました。
いつまで続くかわからないけれど、これからも出来るだけサポートをしていこうと思います。
[PR]
by kumaclan | 2015-03-14 23:06 | K 日本語補習校 6年生