今日は、年明け初めての日本語補習校だったKですが、"新年のお楽しみ会"があり、習字をしたり、折り紙をしたり、おみくじを引いて"小吉"だった事をうれしそうに報告してくれました。
そして、"補習校は、かっちゃんやNかっちゃんもいるし、楽しい"んだって。
それならさぁ、宿題をさっさとやってくれ~!!

そんな今日は、6年ぶりのイギリス滞在を振り返って、覚え書き。

f0014009_217378.jpg


f0014009_2202019.jpg


f0014009_2264517.jpg


f0014009_2281925.jpg


f0014009_2301143.jpg


1.何より寒い!!
もう毎日寒いったりゃありゃしない。
想像以上の寒さで、寒過ぎて、無口にはなるし、体を縮めていたので、肩凝りになるしで、私には耐えられない。
この冬は、100年に1度の極寒らしいですが、イギリス人の薄着にはビックリ。

2.義両親の家のシャワーは、シャワーとは言えない。
ちょろちょろの水しか出てこない実家のシャワー。
シャワーを浴びるのに時間は掛かるし、シャワーを浴びても体は暖かくはならないし、Kなんて"いつになったら水が出てくるの??”と言っていたほど、水量の少ないシャワーは、耐えられなかったわ~。
おかげで、毎日シャワーを浴びるのが嫌で嫌で...子供達なんて、皮膚の乾燥も酷かったので、2日起きのシャワーでしたわ~。

3.義両親の家でのご飯。
テイクアウトも多かったんですが、基本炭水化物のオンパレードで、野菜なんてほとんどなし。
おかげで、私の体重は一揆に上昇。
そして、場所がないのと何より寒さのあまり、寝る前のストレッチをしなくなり、体の循環は悪いのなんの。
それと普段は1日に1ℓ~2ℓは水を飲むけれど、寒いので水なんてほとんど飲まないので、便秘気味に(苦笑)...ストレッチをしなかったのも1つの原因でしょうけど。

4.久しぶりにイギリス英語ワールドに浸かり、やはりイギリス英語の方が聞き取りやすい。
Newsもすんなり頭に入るので、私の英語力は健在かも!?
アメリカに6年住んでも、どーもあのアメリカ英語が耳障りで仕方ないんですね(笑)
でも、少しづつ私もアメリカ英語になっているらしいので、耳障りでなくなるのも、そう遠くないかもしれませんが...。

5.イギリスの乳製品は、美味しい!!
牛乳にしろ、生クリームにしろ、濃厚なうえに美味しかったです。

6.パスティー系(パイ系)は美味しい。
外でランチの時は、ベーカリーなどで、お肉や野菜入りの塩辛い系のパスティーをよく食べましたが、美味しかったです。

7.物価が高い。
ちょっとの買い物でも、すごい金額になりビックリ。

8.久しぶりに自分がマイノリティーだと言う事に気付いた。
人目が気になると思ったら、なんと白人ばっかりに囲まれている自分に気付き、アジア人もあまりいない事にビックリしました。

9.イギリスの風景は、古い建物などあって見ているだけでも楽しい。
家、教会、お城など、古い建物が多いイギリス。
アメリカにはない風景だし、何よりロンドンでも緑が多い。

10.義弟2人が子煩悩になっていてビックリ。
Bは4人兄弟の長男なんですが、次男(M)と四男(Sは、私と同じ年です)は、Kが小さい頃、子供なんて...と言う態度で、かまおうとも触ろうともしなかったんですが、今回は子供達とよく遊んでくれたのにはビックリでした。
年を取って人間丸くなったと言うのかな!?、2人共、KやAと思いっきり遊んでくれて、助かりました。
特にSは、唯一結婚している義弟ですが、私がAを妊娠中に結婚したので結婚3年になるんですが、年上の奥さんからは、"早く子供がほしい"とここ2年ほど言われ続けてながらも拒んでいたんですが、あの感じだと、近年中に子供を作るでしょうね(笑)

っとこんな感じでしょうか。

まぁ、今回イギリスへ帰ったのはNanに会うためが目的だったんですが、天国へ逝ってしまう前で、私達を認識出来る状態で本当よかったです。
先日ブログにUPした写真からは、想像出来ないかもしれませんが、あれはイギリス滞在実質最後の日に撮った写真ですが、あの日のNanは、話しかけると数分おきに眠りと目を覚ますのが繰り返されるんですが、眠りの時間が長く、辻褄の合わない話ばかりで心配したんですが、Aを膝に乗せた時は、一瞬正気になったので、ビックリしたほどの奇跡の写真とも言えます。

そして、ロンドンに行ったり、友達にも再会出来たり、Jamie Oliverのレストランへ行ったりと、あっという間の2週間で、楽しかったです。
ただね、思ったより写真がなく(特に子供達の写真)、風景の写真が意外と多かったんですけどね。
今度は、Aがもう少し大きくなった何年後かに行きたいなぁ~。
でも、もう冬だけはごめんだー!!
[PR]
by kumaclan | 2011-01-08 23:54 | イギリス里帰り 2010年

Bye Bye England!!

今朝は、5時半過ぎに起き準備をして、6時半過ぎに義両親の家を後にして空港へ。
途中借りていたレンタカーを返し、義父が空港まで送ってくれたんですが、いっぱいの荷物もあって、義母とは家でお別れ。
義母は、涙もろい人なんですが、毎度ながらお別れの時は泣き、今日も泣いていました。

余裕を持って空港に行ったはずだったんですが、チャックインを済ませ、あっという間に義父とお別れをして、荷物検査を受け、搭乗カウンターへ。
そして、あっという間に搭乗時間になり機内に乗り込み...あら、機内は意外とすいているじゃない!!
おかげで、私達親子で4人の列を2列占領!!
これで少しはラクなフライトなるかも!?なんて思ったら、それがとんだ間違え。
シートベルト着用サインがついた頃から、Aの機嫌が悪くなり、離陸時の時は最高潮。
泣き叫び暴れるAを押えつけ、なんとお漏らしをしたほどなんですが、どんだ大迷惑な人でした!!
でもね、Aの隣に座っていたのはBなので、大変な思いをしたのはB(爆)
その後は、何度が私の隣に座っていたAですが、トータルで2時間ほどは寝てくれたけれど、約10時間半のフライトの間、何度も機嫌が悪くなり泣き叫んで暴れておりました。
おかげで、サンフランシスコに着く頃には、Bも私もヘトヘト。
イギリスの寒さで最後の数日は、咳が始まっていたので、風邪っぽいのもあり、薬も飲ませていたんですが、それにしても凄い暴れようでございました(疲)
そして、イミグレ(移民局)は思っていたよりすいていて、相変わらずグリーンカード(永住権)がない我が家は、別室のイミグレ送りにされたんですが、そこもすいていたし、なんと面接もなく30分程度で済み、預けた荷物は、すでに出ていたので、あっという間に空港を後にして、約2週間ぶりの我が家へ。

やっぱり我が家は、最高!!
そして、私1人で元気でございます(爆)
家に着いたら、なんだかうれしさのあまり疲れが吹っ飛びました(笑)
帰って早々、スーパーに行き牛乳やら食料を調達し、子供達は時差ボケと戦いながら、シャワーを浴び、早めの夕飯を食べ、さっきクリスマスツリーの下に置きっ放しだったプレゼントを開け(私の両親、友達夫婦、私とBからのプレゼント)、7時半にはベット入り。
BはAを寝かし付けると言いながら、1番最初に寝付いたようで、すごいイビキでございます!!
私は、1人荷物の片付けを始め、溜まっている洗濯をしながら、我が家を楽しんでいるところです。

あっという間にイギリス滞在が終わりましたが、6年ぶりのイギリスは、なかなか楽しかったです。
でもね、出来たらもう2度と冬のイギリスはごめんだわ~。
あんなに寒いイギリスは、本当勘弁してほしいです!!
今度行くなら、春先とかがいいなぁ~。
でも、イギリスって春先でも寒いんだよなぁ~。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-31 00:00 | イギリス里帰り 2010年

イギリス滞在~15日目~

今日は、義弟1人以外を除き、家族みんなでお出掛け。

まずはKのリクエストである"お城"を見に行き...
f0014009_1045517.jpg

f0014009_1048728.jpg

f0014009_10492539.jpg


それから、Nanに会いに行きました。
今日のNanは...まともな会話にならなかったんですが、いる間にちょうどランチの時間になり、義父が食べさせてあげたら、今までの中で一番食べていました。
たぶん、これでNanに会うのは最後かもしれませんね。
今度いつイギリスに帰るかわからないし、何よりNanがあとどのくらい元気でいてくれるかがね。
少しでも食べてくれたら、あと2年、いいや5年でも元気にしていてくれそうですが、ほとんど食べないのと、床ずれで化膿した足や、糖尿病などがあるのでね。
最後は、子供達と写真を撮ったんですが、ほんのちょっとだけAは膝の上に抱っこしてもらいました。

その後は、Aのリクエストで"船"を見に行き...
f0014009_11274233.jpg

f0014009_11285341.jpg

これは、古い船がそのまま残され、中が博物館のようになっています。

最後は、Pubに寄って、Bの友達家族3組と再会。
でも、Aの機嫌が最高に悪く、泣き叫び暴れ大変になり、義両親達がAを連れて帰ってくれたので、しばしゆっくりおしゃべりが出来たんですが、今日のAは1日中、機嫌が悪かったんですが、明日のフライトがかなり心配の私です。

夜は、家族みんなで中華のテイクアウトをして、最後の晩餐だったんですが、あっという間にイギリス滞在も実質今日で終わりです。
明日の朝は早く実家を出るんですが、少しでも機内で子供達に寝てもらうため&最後の時間を義両親と過ごしてもらうために、まだ寝てません←只今、11時半を過ぎたところです。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-30 00:00 | イギリス里帰り 2010年

イギリス滞在~14日目~

あっという間にイギリス滞在も実質今日と明日となりました。
帰る日は31日ですが、11時のフライトなので、早朝実家を出るのでね。

今日の午前中は、義両親が子供達を連れて出掛けたので、私とBは荷造り、荷造り。
私は、どうやって大量のおもちゃを持って帰るか、クリスマス後から悩んでいたんですが、どーにか詰め込みました。
そして、飛行機に預ける荷物を2つ増やし、約$100の出費な~り←この夏頃から規定が替わり、イギリス-アメリカ間で預けられる荷物が1人1個で23kgまでとなったんですが、さすがに4個じゃ足りなかった!!
はぁ~、ハッキリ言ってプレゼントおもちゃの山には、大迷惑!!
プレゼントをもらい、自分達で$100の追加料金を払うくらいなら、プレゼントいらねー(爆)っと本当言ってやりた~いけど、我慢、我慢(苦笑)

そして、今日は夕方からちゃんとしたスタジオで写真を撮ってもらうために、義両親、義弟3人、義弟のお嫁さん、そして我が家の4人でお出掛け。
義両親が何年か前に友人からプレゼントしてもらったらしく、そのままになっていたようですが、せっかくなので、私達がイギリスにいる間に、家族写真を撮ってもらおうと言う事になりました。
この話が出た時に、"みんなで白いシャツを着る"とか言っていたんですが、"私もAも白いシャツがないし、買いに行くのも..."と私が言ったら"明るい色の服なら何でもいい"と言う事になりました←はっはっは...嫁が要らない事!?を言ったばかりに予定変更です(苦笑)
でもね、明るい服のはずが、なんだかんだ黒っぽい服を着ていたのは、義父、義弟2名。
写真撮影は、なかなか面白くて、1時間ちょっと掛けながら、いろんなパターンの写真を撮りました。
子供達も楽しんだようで、笑いの絶えない撮影になりました。
後日写真の加工などしてくれて、1月の中旬に義両親がサンプルを見に行くようですが、写真の値段にはもうビックリ!!
それなりの大きさの写真ですが、最低でも1枚£120だそうで、メモリーカードに全部の写真を入れると£820なんだそうです。
写真を撮ってもらうのはプレゼントでも、写真を買うのにこの値段じゃ大変だわ~。
私達はサンプルが見れないので、義両親にお任せするつもりなんですが、みんなでお金を出し合いメモリーカードに全写真を入れてもらい、その後プリントアウトするのが一番安いけど、それにしてもメモリーカード代も凄いよね。
まぁ、どうするかはまた話し合いが必要ですね。

そして、せっかくみんなで出掛けたので、そのままインド料理屋さんへ行き、家族で夕飯。
Aがきたので、ゆっくりとはいかなかったけれど、インド料理も美味しかったし、みんなの満足の様子。
なかなか家族で外食も出来ずだったので、良い機会だったんですが、今日の夕飯は、Bからのおごりとなりました。
まぁね、Bとしては長男の人格を保ちたいと言いましょうか...(笑)
6年ぶりの里帰りなので、これくらいはしないと!?
[PR]
by kumaclan | 2010-12-29 00:00 | イギリス里帰り 2010年

今日は、11時頃からMilton Keynsと言う町で、私が仲良くさせてもらっていた日本人の友達家族3組と再会。
子供達が遊べる室内プレイエリアで待ち合わせだったんですが、久しぶりの遊べる場所に子供達は大喜び!!
イギリスに来てから、観光には行ってても、遊ぶ場所には行ってないのでね。

日本人のママ組みと、イギリス人のパパ組みにテーブルが分かれ、おしゃべりしながら子供達を遊ばせ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
まだまだチビ組みもいるので、ゆっくりおしゃべりとはいかなかったけれど、家族みんなで楽しめた今日のヒトトキ。
忙しい中、時間を作ってくれた友達家族には、本当感謝です。
それにしても、友達3人共、昔と全然変わってな~い!!
みんな子育てしながらも、若さを保っていましたわ!!

友達家族と別れた後は、前近所に住んでいた友達夫婦のところへ。
Aと約1ヶ月違いの娘ちゃんがいるんですが、初めてご対面。
Aとささいな争いはありながらも、一緒に遊んでいる様子はかわいかったです。

すっかり暗くなってしまい、またもや夜はPubでご飯を食べ、昔よく行っていたスーパーに寄り、Bの実家まで2時間ちょっとのドライブをして帰宅。
でも、今夜は霧が凄くて、2時間半以上掛かってしまいました。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-28 00:00 | イギリス里帰り 2010年

今日は、昔住んでいた町Aylesburyへ来ています。
実家から2時間ちょっとのところにあり、ロンドンとオックスフォードの真ん中にある町。
前に住んでいた家を見に行ったんですが、ちょうど売りに出ているところでした。
近所に住んでいた人の話によると、家の中は、Bと私が改装したまま残されているとか!?
さすがに家の中は見なかったんですが、懐かしいです。

近所に住んでいた友達家族のところに寄り、その後はBの友達夫婦とPubで待ち合わせ。
私達は、遅めのランチ&早めの夕飯でPubでご飯を食べたんですが、久しぶりのPubランチは、なかなか美味しかったです。
友達夫婦とは、年齢が違うのですが、Bのバイク仲間であり、子育ての先輩で、いろいろお世話になったんですが、Pubの後は、そのまま彼らの家に呼ばれ、コーヒーをご馳走になりました。
2人共、6年前と全然変わらないんですが、変わったのは、成長した子供達!!
ちょうど4人の子供の一番上の娘ちゃんと、真ん中の双子ちゃんが家にいたんですが、昔もかわいい娘ちゃん達だったんですが、今じゃすっかりキレイなお姉さんになっていました。

今夜は、ホテルに滞在です。
Kは、現地校の宿題持参でやって来たんですが、全然進みません!!
おーい、やる事をちゃんとやってくれ~。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-27 00:00 | イギリス里帰り 2010年

今日は、イギリスのBoxing day。
アメリカは、セール開始日ですが、こちらは、もう1日クリスマスムードを味わう日!?

イギリス滞在もあと5日となりました。
はい、もうそろっと限界、いいや何度も限界を迎えておりますわ(爆)
今まで、"アメリカに帰りたい"と何度つぶやいた事でしょう。
何よりも寒さに耐えられないのと、食べ物でしょうか??

午前中は、またもやNanのところへ行くと言われたんですが、私は実家でお留守番。
お月のモノがかなり早めにやってきたんですが、かなりキツ~イ!!
体もだるく、お腹や腰も痛いのなんの。
痛み止め飲んだけど、効き目イマイチ。
たぶんね、イギリスに来てからほぼ毎日やってるストレッチをしなくなり(寒いのと場所がないのでね!!)、それが影響かと...(涙)
まぁ、寒さと疲れとかモロモロもあると思うけど...。

今日の遅めのランチは、義弟宅で、クリスマスランチ第2回目の七面鳥。
イギリスでは、クリスマスとその次の日(Boxing day)をお祝いする事が多く、Bの家族もそのパターン。
義弟のお嫁さんの手料理なんて、初めてでしたわ~。って、お嫁さんのご両親もいらっしゃったので、お母様のお料理との噂も!?
デザートは3品も作ってあって、かなり満腹になりました。

ランチの後は、そのままみんなでTVを見て夜まで過ごしたんですが、こう言う時間が、私苦手なのよね。
だって、TV見ててもあまり面白くないし、会話があるわけじゃないしね。
本とか持って行けばよかったわ~。
今夜も子供達は、12時過ぎまで起きておりました。
昨夜は、昨夜で遅かったのに加え、2人共泣きながら起き大変だったんですが(Kは、硬いチョコなどの食べ過ぎで歯茎が痛いと泣き、Aは興奮し過ぎなのか意味不明に泣く事30分以上!!)、こっちも連日の寝不足が続いて辛いよ~。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-26 00:00 | イギリス里帰り 2010年

"Merry Christmas!!"

今日は、Kの声で8時に目が覚めました。っと言っても、実は私、5時頃から七面鳥の準備をしていた義父の音で目が覚め、その後ウトウト寝だったんですけどね。

昨夜は、イギリス流にミンスパイ、牛乳ににんじんを暖炉の近くに準備した子供達ですが、今年もサンタは子供達のところにやって来ました!!
おかげで、子供達は大喜び&朝から大興奮。
義両親からは、大きなクリスマスストッキングのプレゼントもあり大喜びで開けました。
f0014009_919841.jpg

クリスマスストッキングの中身は、小さい物や安い物なんですが、それにしても義両親頑張り過ぎ!!

せっかくのクリスマスなのに、外出許可が出なかったNanのため、午前中のうちにNanに会いに行き、クリスマスプレゼントを渡して来ました。
出来たら、1時間でもクリスマスランチに外出してもらいたかったけれど、今の健康状態では無理なのでね。

そして、急いで実家に戻り、ランチの準備のお手伝い。
やはり義母以外、男ばっかりの実家は、モロモロ手の行き届いてないところが多いのでね(苦笑)
f0014009_9122028.jpg

1時半時過ぎからゲストが集まり、遅めのランチを兼ねて、家族集合!!
叔母さん家族、そして義弟のお嫁さんのご両親(3年前の結婚式の時にAを妊娠中だったので、出席せずに初対面)も来られ、総勢16名でランチ。
義両親のリビングはダイニングに替わりだったんですが、1人ランチ放棄の方が...はい、Aでございます。
彼もまたどこへ行っても、誰がいてもマイペースでね。
食べたいと思わなければ、なーにも食べないし、Kほど食べ物に興味がないので、せっかくの七面鳥ランチだと言うのに一切手をつけず、彼のランチはバターを塗ったパン1枚でございました(爆)
前菜は、スープか海老のサラダ(プロンカクテル)で、メインが七面鳥、デザートは、イギリスのクリスマスプディングかイートンメス。
どれも美味しくて食べ過ぎてしまった私ですが、イギリスに来てから、炭水化物のオンパレードだったのもあり、今日もまた一揆に体重が上昇でございます!!

ランチの後は、子供達が待ちに待ったプレゼント開け。
朝のサンタからのプレゼントと義両親からの靴下は、お料理で言えば、前菜なのでね(笑)
今年のプレゼントですが...はい、山のようなおもちゃになりました。
“持って帰るのが大変だから、小さめの物は少量で...”っと言っておいたのなんて、誰も聞いておりません!!
私達どうやってアメリカに帰るんだい??
あんな山のおもちゃ持って帰りたくないなぁ~。

その後は、みんなでおしゃべりしたり、Wiiしたり、子供達の遊び相手なってくれたりと、それぞれ楽しんでおりました。
やはりクリスマスは、ワイワイやるのが楽しいですね。
イギリスに来た甲斐あり!?!?

子供達は、なかなか興奮状態が冷めず、もうすぐ11時を回るところですが、まったく寝る気がありません。
そして、誰も寝かせようとする私を手伝う気がございません。
おーい、私は、連日の疲れ&お月のモノが予定よりも早くやってきたので、一揆にテンションが下がっているんだけど、そんなのだーれも聞いちゃいない!!
[PR]
by kumaclan | 2010-12-25 00:00 | イギリス里帰り 2010年

今日は、クリスマスイブ!!
f0014009_19324398.jpg


それにしても、イギリスは毎日、毎日めちゃくちゃ寒~い。
土曜日の朝起きた時に積もっていた雪ですが、相変わらず残っています。
そして、雪と凍った雪の影響で閉鎖されていたヒースロー空港の滑走路もやっと全オープンし、電車も通常通りになったようです。

午前中は、子供達とNanに会いに行きました。
Nanの状態は、日によってまちまちですが、ほとんど食べないのであまりいい状態ではなく、昨日も子供達は義両親と会いに行ったようですが、寝たり起きたりなので、あまり会話になっていなかったようです。
子供達はすぐ退屈になってしまい騒ぎ出すので、ゆっくりそばにいてあげられないのですが、でも曾孫だと言うの事はわかっているようだし、私達の事もわかっています。

その後は、最後のクリスマスショッピングをしていた義両親とBathで待ち合わせをして、子供達を受け渡し、私とBでお互いのクリスマスプレゼントを買いに行きました。
今年は、サプライズなしのプレゼントで、小さいモノを買いました。
でも、今年はそれで十分です。
だって、イギリスに来るにあたって何かとお金を使ったり、ロンドン旅行は義両親へのプレゼントでもあったりしたので、出費がかなり多い今年の12月。なので、少しでも節約出来るところは、節約しないとね!!

買い物の後もまたNanに会いに行きました。
今度は子供達がいないので、ゆっくりそばにいてあげられ、午前中会った時より口数が増え話をしてくれたんですが、なんだか最後のお別れのような言葉ばかり口にし、健康状態もあまりよくないようで、血圧が上がったり下がったり、床ずれの足が化膿しているんですが、それが悪化したようなので、とても心配です。

明日はとうとうクリスマス!!
今年は、寒~いイギリスでのクリスマス。
クリスマスの雰囲気は十分出ていて、今夜Kは、Nannyとミンスパスを作りサンタ用に牛乳と一緒に置いて寝ました。
そして、サンタへの手紙の時に"プレゼントは、イギリスのNanny&Grandadの家に届けて下さい"と書いていましたが、ちゃんと届くでしょうか??

P.S
Aが変な時間に昼寝をしてしまい、まだ起きています。
おかげでこちらの最終準備は出来ないし、いつになったら寝る気になってくれるのかしら??
そして、相変わらずイギリスでも役に立たない方が1名ほど!!
子供達が寝る前に完全に眠りに入った我が家な大きな長男。
おーい、どこへ行っても、君は君のペースを崩さないなぁ~。
[PR]
by kumaclan | 2010-12-24 23:25 | イギリス里帰り 2010年

イギリス滞在~8日目~

ロンドン旅行の疲れがありますが、クリスマスまであと数日。
ゆっくりしているわけにはいきません!!

今日は、Bが朝から義両親の家のドライブウェイを雪かき(氷かき)をして、やっとレンタカーが道路に出れました!!
義両親の家は、道路から高い位置にあり、道路から敷地に入る時は、短いですがかなり急な坂を登らないとなんですが、ここが何より曲者&車を止めるスペースがかなり広くあるんですが(なんと余裕で8台ほど止めれます)、そこにもかなりの雪が凍って積もっていたので、それをどかし...無事車が出ました。

午前中は、地元の小さな町(村!?)まで行き、銀行などの用事を済ませ、午後は、義両親も一緒に6人でサンタに会える電車に乗りに行きました。
でもね、ここで気付いたんですが、なんとカメラの電池が死んじゃっていました(涙)
充電をしたばかりなのに駄目だったとは...かな~りショック。
おかげで、せっかくのイベントなのに写真がありません!!

サンタに会える電車のイベントですが...電車自体はたいした事なく、ちょっとしょぼい!!っと言うのが感想ですが、でもね、サンタが会いに来てくれて、子供1人、1人、年齢にあったおもちゃをくれたんです。
これにはビックリ!!
Aの1歳の誕生日にアメリカで似たような電車に乗りましたが、そんなプレゼントなどなかったんです。
だから、Kなんて"どうせくれるのは飴くらい...”と馬鹿にしていたので、大喜び。
でもね、サンタがどうしても怪しく見えたようで(はい、まだサンタの存在を信じてます!!)、目つきが怪しいったらありゃしない(爆)
そして、この時期いろんなところにサンタがいるので"どうして、いろんなところにサンタがいるの?? サンタは1人じゃないの??”と義両親に質問をしていました。
約1時間弱の電車乗りは終わり...その後は、子供達は義両親と家に戻り、なんとBと私で、リベンジしてきましたよ!!

BathのJamie Oliverのレストランで、デート、いいや無口に2人で早めの夕飯を食べました。
私のカメラの電池切れのため、写真はありませんが、お料理は、なかなか美味しかったです。
前菜2品で、1品はパスタのハーフサイズを頼んだんですが、パスタは茹で加減にちょっとガッカリ感がありましたが、これは仕方ないでしょう。
メインに私はホタテを食べたんですが、これまたホタテの小ささにガックリ。
Bは、ステーキを食べたんですが、薄いステーキでしたが、柔らかく美味しかったそうです。
っとリベンジに行きましたが、ハッキリ言って会話がない!!
外が見えるテーブル席だったので、気が付くと、外を見ていた私達。
ここ数ヶ月以上ですが、会話らしい会話のない我が家の夫婦。
時間がないのも原因ですが、2人でいる事もないに等しいので、2人になっても何を話していいのやら??
はぁ~、もう少し会話があれば、食事も美味しく感じたんだろうなぁ~。
早めの夕飯だったので、その後、クリスマスの買い物(お互い用には、まだ何も買ってないので!!)をしようとBathへ繰り出してみたんですが、なんとお店が6時に閉まるところがほとんどで、買い物出来ずに終了。
仕方なく帰りにスーパーに寄り、Bはビールを買って帰りました。

子供達は、義両親や義弟達と楽しく数時間過ごしたそうで、Aなんてイギリスに来て以来、あまり食べないので義両親はビックリしていたんですが(まぁ、偏食家なので、好きなモノ以外食べないので、食べれるモノが限られ、イギリスに来てから、ほぼジャムサンドイッチ、シリアル&ヨーグルトとお菓子生活してました)、今夜は義弟が作ったクリームパスタを大量に食べて、逆の意味でビックリだったようです。

明日は、クリスマスイブです。
明日こそ!?、何かBへのプレゼント(今年は小さいモノでね!!)を見つけないと、なーにも準備してません!!
[PR]
by kumaclan | 2010-12-23 23:05 | イギリス里帰り 2010年