カテゴリ:日本里帰り2009年( 10 )

ただいま!!

あっという間に日本での1ヶ月ちょっとが終わり、今朝、アメリカに戻りました。
今回は、空港まで母が一緒に来てくれて...本当助かりました。お母さん、ありがとう!!
実家を出てから、約20時間後にアメリカの家に着き、やはり疲れました。
機内では、ほとんど飲まず、食わずだったんですが、これは覚悟のうえ!!
行きもこのパターンだったので、混んでいる機内で、Aを抱っこしながら食べるなんて無理、無理。
そして、乱気流が多く、座っていなければいけない時間も多く、Aはじっとしているタイプではないので、グズグズが多く、暴れるAを抱っこしながら、疲れも最高潮。そして、SFO空港に飛行機が着いた時は、悪夢が終わった!?っと思い、一安心かと思いきや、永久権を申請中の我が家は、移民局で判子をもらわないといけず、別室(Secondry)に行きだったんですが、そこですでに待つ人が多く、1時間半以上待たされました。
別室行きは、我が家のようなケースや、何度も入国している人、怪しい人が送られるんですが、我が家は、無事に判子をもらい問題なく入国出来たんですが、待っている間に他の人と移民局の人との会話が丸聞こえのケースもあり、移民局の人にちょっと喧嘩を売ってるイ○ド人おばさんは、"あなた、それはヤバイでしょう"状態で、今回は入国が許されたものの、注意を受け、次回はちょっと...っと言う、ブラックリスト行きのようなケースもありました。

予定より時間が掛かり、やっとBに会えた感じなんですが、約1ヶ月ちょとぶりにパパと再会した子供達は...大喜び。
Aもちゃんとパパの事を覚えていて、自分から手を出しちゃんと抱っこされました。
家に帰ってからは、洗濯、スーツケースの中の片付けなどをして、私は1時間ほど仮眠。
Bが、子供達を連れて、公園やプールに行ってくれて、助かりました。

月曜日から、2泊3日で日本の友達が遊びに来る予定なので、明日は掃除、掃除!!

P.S
日本で会えた友達へ
今回もいろいろありがとう!! なかなかゆっくりとはいかなかったけれど、楽しかったです。
そして、プレゼントなど本当ありがとう。また来年も帰れるように頑張るね。
[PR]
by kumaclan | 2009-08-08 23:56 | 日本里帰り2009年

日本滞在を振り返って…

あっという間に終わってしまった日本滞在ですが、振り返ってやった事やあった事など、書き残します。
単なる私の覚え書きなので、スルーしちゃって下さい。

~K~
最初の数日は、時差ボケはあったものの、外遊びのおかげで、すっかり日本時間になり、今年は、私が通った地元の学校に体験入学する気がないと言うのと、世の中豚インフルエンザ騒ぎとかもあったので、学校などには行かず、基本は家にいた状態ですが、でもKにとっては、毎日これでもか!!ってくらい外で遊び、近所の子供と仲良くなり、よく遊んでもらいました。
時には、友達と朝自転車でどこかへ出掛け。お昼に戻り、またその後夕飯まで遊ぶ日もあったりして、アメリカでは、あり得ない自由でのびのびした時間を過ごしました。
Bにこの事を言ったら、心配されたれど、でもおてんば娘だった私も、これと同じ事してましたからね(笑)
どじょう、ざりがに、虫捕りなど、田舎ならではの遊びをしたり、友達になった子の家で飼ってるうこっけいが生んだ卵をもらって、それを早速たまごご飯で食べたりと、日本では、朝からご飯を2杯も食べて、食べっぷりにみんなが圧倒していたほど。
ミスタードーナツが大のお気に入りで、何個食べたことか!!
おかげで日に日に太り、顔が丸くなり、お腹が出てしまったんですが、本人全然気にしてません(笑)
気が付くと日本語が上達したんですが、でも悪い言葉も覚え、口が悪くなりました。
そして、反抗期だったのもあり、毎日私と衝突して、口喧嘩になるものの、本人至ってマイペース。
私にいくら怒られても、反抗をし続け、その時は泣いたとしても、その数分後には怒られた事なんか忘れ、また悪い事や口答えをして怒られる始末。
これには、本当悩まされ続けてますが、実家の母も"怒り甲斐のない子だ"っと言っていたほどです。
1週間のうち2~3回は、母と一緒の父の病院に行き、リハビリの手伝いをしたり、父の入浴時間にこっそり一緒に入り、"大きなお風呂"にも入り、なんちゃって温泉気分も味わいました。
兄のところには、2回泊まりに行き、そこでは甘えさせてくれる兄やお義姉さんがいるので、Kにとって大好きな場所。そして、いとこ達もいるので、遊んでくれる相手もいるので、一石二鳥。
お祭りに行ったり、兄夫婦が花火大会を見に連れて行ってくれたりしたので、日本のお祭りも体験しました。
ただ特に私がどこかへ連れて行くとか、家族で出掛けるなど出来なかったんですが、最後に、お義姉さんが、Kと甥っ子や姪っ子を連れて、自然博物館に連れて行ってくれて、楽しい思い出になったようです。
その夜は、兄と姪っ子1人がいなかったんですが、それ以外の家族で最後の食卓を囲み、にぎやかなな夕飯を食べ、外で花火をしたので、この1日だけでも、大満足だったと思います。
それと髪を何度か切ったんですが、最後は短めになり、さわやかな感じになりました。

~A~
AもKと一緒で、本当よく外で遊びました。
Kより時差ボケの期間が長かったものの、夜寝る時間はアメリカにいる時より早く、寝るのもほぼすんなり、そして、アメリカでは夜寝ても、2度は起きていたのに、日本じゃほとんど起きませんでした。
おかげで、Aを寝かしつけた後は自分の時間だったんですが、でもAと一緒に寝ちゃう事が多かったです。
日本では、朝から外に出る事が多く、朝起きて、母のゴミだしに付き合って外へ出て、朝食の前に外遊びをしたりして、アメリカの生活とは正反対。
暇さえあれば、外遊び。
棒を振り回して遊んだり、ボール遊び、ジャングルジム、ブランコ、シーソーに乗ったり、実家にあったママチャリの後ろに乗せて私とサイクリング。
そして、悪さをするのは、天下一品。
特に力もあるので、いろんな物を動かし、自分のほしい物を手に入れ、それで遊んだり、隠したり、投げたり…実家の家族は、圧倒されるばかり。
一層自我に目覚めたので、自分の好きな事をしてないと暴れるので、買い物などは、ほとんど一緒に出来なくなりました。
よくやったのは、母に子供の遊び場でKとAを見てもらっている間に、急いで私が買い物を済ませる作戦。
それも母に慣れるまで思ったより時間が掛かったので、滞在中の後半だけ。
そして、90歳になった祖母の事が好きで、隙を狙い、祖母の部屋に侵入し、何か物を探ってました(笑)
祖母の部屋には、Kにとって興味ある物がいっぱい。
何より日に日に、Aの言葉が増えていきました。
アメリカでは、人見知りだったタイプだけど、人に興味を持ち始め、人と何かしたり、初めて会った人でも笑顔を見せたり、抱っこしてもらったりしてました。
父に対しては、最初から笑顔で、でも抱っこやおんぶなどせがまず、”じっじー”と言いながら、付きまとっていました。
1度髪を切ったけれど(私が外で遊ばせながら)、トレードマークのクルクル髪は、残ってます。
そして、最後にもう1度切ろうと思い挑戦したんですが、前髪のみで拒否され、前髪だけ妙に短い変な髪型になりました(笑)

~私~
特に何をしたわけではないけれど、毎日子供相手に外遊び。おかげで、気付かないうちに日焼けしてました。
日本は、そんなに日差しは強くないし、今年は例年に比べると暑く感じなかったんですが、でも日焼けをするんですよ!!
それから、毎日、朝からご飯に納豆、お味噌汁に漬物のご飯が食べれるだけで幸せを感じてました。
おかげで、太りましたが(爆)
友達とは、何回か会い(ほとんど実家に来てもらい)、1年ぶりの再会。
ただ師匠のお店には行けず、帰った事も言わず終い。
滞在後半は、夜に子供達を寝かせた後CDを借りに出掛けたり、ちょっとコンビに行ったりと1人の時間を満喫。
私も何度か髪を切り、最後はほぼショートになりました。
でも若返った!?と言われるので、調子に乗ってます(笑)

っとこんな感じで日本滞在の思い出を書いてみました。最後に写真です。

去年もAが大好きだった、父が作ってくれたブランコに乗って。
f0014009_15442257.jpg


甥っ子が来るとプール遊びばかり。3人で仲良く!?遊んでました。
f0014009_15444927.jpg


友達がKとAと2ショットを撮ってる横で私が撮った1枚。自然な感じが私は好きです。
f0014009_15451943.jpg


滞在後半に突然甥っ子の自転車に乗りたがったA。暇さえあれば、自分の出して乗り降りして遊んでました。
f0014009_15512395.jpg


Kは、毎日のように自転車に乗って遊びに出掛けてました。
f0014009_15573356.jpg


日本でしか出来ない花火遊び。ちなみにAは、線香花火を触って火傷しました。
f0014009_1602722.jpg


父の車椅子にAが乗って、それを父が押してリハビリ!?
f0014009_1624963.jpg


Kが、甥っ子と姪っ子と一緒に出掛けた最後の思い出。
f0014009_1555833.jpg

[PR]
by kumaclan | 2009-08-08 00:00 | 日本里帰り2009年

生きてますよ~

あっという間に7月も終わり、8月になりましたね。
ブログをUPするまとまった時間がなかなか取れず、放置状態ですが、生きてますよ~。
ブログは、アメリカに帰り、落ち着いたら、記憶が辿りながら、バックログしようと思ってます。
8月に入ったと言うのに、この辺はなかなか梅雨が明けず、まだまだ夜は心地良い(いいや、涼しいと言った方が合っている)んですが、それでも日中は、蒸し暑く、日中と夜の温度差が大きく、温度調整に気を付けているんですが、今年は異常気象ですね。

それはさておき、我が家の子供達ですが...毎日、朝から晩まで外遊びばっかりしているんですが、全然飽きる様子もなく、Kなんて、自由気ままに、その辺の子供達と仲良くなり、遊ぶ約束したりして、とーっても楽しそう。
アメリカでは、ほぼ全ての事に親同伴なので、私なしで、自由があるのが楽しくて仕方ないみたいです。
それも日本の田舎なので、出来るのかもしれないけれど、この体験は、貴重でしょうね。
Aは、悪ガキ度は、日に日にUPしていて、笑いと怒り、そして溜息の繰り返しですが、本人は、怒られても全然懲りる気配はなく、マイペースで、我が道を前進中。
私はですが...相変わらず、特に何かしているわけでもなく、Aと一緒に外での時間が多く、虫に刺されそれが
酷くなったりしていますが、皮膚が弱い私は、仕方ないんでしょうね。

あっという間に日本滞在の残りわずかとなりました。
今年の日本滞在は、車がなく、田舎なので、交通手段がないので、家にいる時間が多かったんですが、でもその分、家族とゆっくり過ごしたり、子供達は、外で遊ぶ時間が多く、違った楽しみ方が出来たと思います。
今度ブログのUPは、アメリカからになると思うので、それでは、また...。
[PR]
by kumaclan | 2009-08-04 23:55 | 日本里帰り2009年

雰囲気ゼロ

日本は、この週末3連休だったんですが、そんな雰囲気ゼロの私でした。
BlogをUPせずに、早1週間なんですが、実は、水曜日から具合が悪かった私。
たぶん疲れからくる風邪っぽい症状で、節々の痛み(あまりに痛いので、インフルエンザかと思いました)&腰痛、そして食欲不振で、数日ほど、市販の薬のお世話になりました。
昨日頃から、随分調子が出てきて、今日はほぼOKな感じになったのでご安心を‼
食欲不振で、体重が減ると思いきや、ほとんど変わらず...なんだか損した気分(苦笑)
そんな私とは反比例に、一層パワーUP中なAには、本当参りました。
悪さのパレードで、怒っても全然聞かず、次男坊は、本当すごいですよ~。
母は、父の病院に通ったり、金曜日からは、父が外泊許可をもらい家に戻っていたりしていたので、それだけでも忙しいと言うのに、ちょこちょこAの面倒を見てくれたので、助かったけれど、でもそんな時に限って、一層ママっこになるんですよね。
まぁ、わからなくはないけれど、Aは、自分から私の傍を離れ、外へ行ったりしておきながら、私がいない事に気付いた途端、ギャーギャー泣きながら、″ママー、ママー″と叫ぶのだけはよしてほしいです。
そんな訳で、3連休は、特に大きなイベントもなかったんですが、Kは金曜日の夕方から、私の兄のところへお世話になり、2泊も泊まり夜遅くまで遊び、私なしで(ママが、ガミガミ煩いので、厄介な存在らしいです)楽しい時間を過ごせて、大満足だったようです(笑)

気が付けば、日本に来て以来、特にどこかへ出掛けるわけでもなく、のんびり!?(子供に振り回されっぱなし)やっていますが、日本滞在も折り返し地点にきています。
今週は、ちょこちょこ買い物に出掛けたり、友達に会おうと思ってます。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-20 22:33 | 日本里帰り2009年

地元の友達

今日は、地元の友達で、今はママ友でもある4人が、子供達と実家に遊びに来てくれた。
私の友達は、タイミング良く!?同じような時期にママになったりしているので、昔からの友達=ママ友にもなり、地元に帰って来ると、子供と一緒に遊べる相手がいるので、本当助かる。
晴れたら、実家の前の公園で(しょぼいけどね‐笑‐)...っと言っていて、時より雨が降るけれど、ちょっとくらい平気、平気と言いながら、雨が降ると家の中に入りながらも、2時間ちょっと遊んだ。
K以外は、ちょこちょこ会ったりしているので、子供同士顔見知りで、Kは、1年ぶりの再会なので、最初は照れていたりしたけれど、あっという間に打ちとけ、遊び出したら、もう止まらない!!
そして、私の友達は、結婚しても、ママになっても、昔と変わらないので、そんな友達に会うと、ホッとする。
最近は、日頃の生活に追われ、メールのやり取りも少なくなりつつあるのに、会うとそんな事全然感じさせないのが、またうれしい。
でも、あと数年もしたら、子供同士遊ばなくなるのかな??なんて思ったりして。
そしたら、子供抜きで、ママ達だけでゆっくり出来るかな??
今年こそ、1度くらいは、ママ達だけでゆっくりご飯でも食べに行きたいと思ったけれど、私はAから解放されないので、無理だろうなぁ~。
まぁ、アメリカでは、AもBと一緒にお留守番が出来るので、それだけでも救い??
あと数年の辛抱かなぁ~。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-12 23:45 | 日本里帰り2009年

悪ガキ

いやぁ~、本当Aには、困ったモノです。
Aは、今回実家に着いて早々、本領を発揮し始めていて、日に日に、ヒートアップしているんですが(日本に来て以来、某100円ショップでコップを投げて壊し弁償し、実家のコップを投げて壊したり、母の口紅を折ってぐちゃぐちゃにしたり、仏壇の線香入れの灰をぐちゃぐちゃにして遊んだり、包丁入れから、包丁を出していたり、家の中に外の掃除用のほうきを持ち込み、振り回したり、靴を履きながら、家に入ってきたり、2膳ほど箸の先を折りなどなど、書き出したら、もう止まりません‼)、とうとう今日は悪さのパレードで、もう溜息しか出ませんから‼

午前中、母が父の病院に行く前に時間があったので、ちょっと買い物に出掛けたんですが、スーパーの陳列された商品を持ち出し投げたり、それを止めたら、癇癪を起し、床にゴロゴロ転がりながら泣き叫び、この時点で、もう凄かったんですが、もっと酷い事が、母が病院から戻って来てから起こりました。
実家にある私の部屋は、普段は物置状態ですが、私が里帰りすると、寝室になります。
そして、クローゼットの半分は、私が結婚する前の状態が残っているんですが、私は、いい加減に片付けられるものは、片付け、処分を...と思って始めた矢先、Aが妙に静かだなぁ~っと思っていたら、母の悲鳴が聞こえ、行って見てると、母の化粧用の眉墨で、壁に落書きをしていました。
はぁ~、とうとうやってくれましたね。
まぁ、母がAが手の届くところに置いたのが悪いけれど、でもそれで落書きするとは‼
実家は、築14年ですが、4年前に壁の張り替え(中越地震で壁がはがれてボロボロになったので)をしたと言うのに、3階の廊下一面&階段の壁の部分が、酷い事になっていました(驚)
おかげで、部屋の片付けどころじゃなくなり、壁の掃除‼
いろいろ試したんですが、なかなか落ちず、アメリカのお尻拭きや、歯磨き粉、消しゴムなどなど使ってみたりしたんですが、最後には″ベンジ″でどーにか薄くなり、一安心。っと思ったら、今度は、汚れ落としに使った歯磨き粉を持ち出し、足や顔、そして腕などに塗ったくり、廊下にも塗り、至るとところが、歯磨き粉だらけ‼
はぁ~、ここまでやるとは、本当ビックリ‼
その後は、もちろん歯磨き粉の掃除に追われ、もうそれだけでドッと疲れが出た私と母です。
でも、これで終わらないのが、Aでした。
夜ご飯を食べた後、食卓テーブルの下に入って妙に静かだなぁ~っと思って覗き込んだたら、なんとふりかけ入れを持ち出していて、それをぶちまいて舐めながら、うれしそうな顔をしていたA。
いやぁ~、もう飽きれて何も言えなくなりましたよ。
Kも小さい頃は、ちょっとした問題児でしたが、違い意味の問題児だったし、ここまでやった事ありませんから‼&実家では、すごいと言われる甥っ子(ちなみに実家には住んでません)ですら、ここまでやってませんから‼
もちろん、その後は、ふりかけの片付けだったんですが、母は、″この子は、本当に凄かった‼”とお褒めの言葉をいただいたほど(爆)

そんなAですが、相変わらずママっこで私から、全然離れません。
私がトイレに行けば、金魚のフンのように付いてくるし、ちょっと数分離れた!?っと思ったら、″ママー、ママー″と泣き叫び、どーにも、こーにもいかなくなるほどなので、私は、Aから離れられません。
まぁ、唯一静かな時は、悪さをしている時なので、いいわけないですよね。
日本に来たら、すぐ美容院に行きたかったけれど、この状態じゃぁ、母に面倒を掛けるだけなので、行けないし、買い物も無理そうなので、まぁ、実家でのんびりするしかなさそうです。
2人目の育児は、ラクって聞いていたけれど、最近全然そう思えないのは、私だけ???
[PR]
by kumaclan | 2009-07-09 23:00 | 日本里帰り2009年

今回の里帰り

私にとって今回の里帰りには、大きな意味があり...それは、何より父に会いに来たんです。
別に隠していたわけではないけれど、自分の目で見てから、ここで公表しようと思っていました。
ご存じの方も多いと思いますが、2月頃から、精神的に落ち込んだりしていた私ですが、Blogでも、その事は書きましたが、何がそうさせているとは、書かずにきました。
実は、父が、今年の2月にまた解離性動脈瘤になり(3年前の夏、私達が里帰り中に発症しました)、緊急手術を受けました。
手術は、リスクの高いものでしたが、運良く命は助かったものの、手術の後遺症により、下半身不随となり、その後、入院生活が続いています。
そんな父に何度も会いに帰ろうと思いましたが、小さなAがいるし、Kの学校の事もあるので、帰らず終い。なので、Kの夏休みには、どうしても帰って、様子を見たかったんです。
今の父の状態ですが、術後の回復に時間が掛ったものの、今はリハビリ専門の病院へ転院し、リハビリに励んでいます。
"歩く事は、不可能かもしれない"と1度は言われたんですが、今は、杖をつきながらですが、少しづつ歩けるようなっています。
基本は、車いすに頼りながらの生活ですが、父なりにリハビリを頑張っていて、週末には外泊許可をもらい、家に泊まりに来る生活をしています。
そして、父がこのような状態になってから、苦労しているのは、母で、2月から5月の末までの2ヵ月ちょっとは、母がほぼ24時間付きっきりで面倒を見ていて、今は、毎日片道約40分かけて病院通いをしています。
そんな母を少しでも助けてあげたいのですが、やはり小さいAがいると、なかなか何も出来ないんですよね。
プラス、父は下半身不随をわかってから、自分の車を処分してしまったので(今まで里帰りすると、父か母の車を借り、出掛けていました)、母の車のみなので、母が病院通いをしていると、私の足がなく、田舎なので、出掛けるのも不便なので、家にいる状態です。
でも、その分、家で出来る事をしたり、のんびりしたり、祖母と一緒に過ごす時間があるので、それはそれでいいんですけどね。

父の今後の事は、まだわかりませんが、少しでも歩けたり、自分の事が自分で出来る父になって、昔のように自由を少しでも取り戻してほしいと思います。
まぁ、私達が里帰りした事で、孫に会えてうれしそうな顔をしているので、少しは、頑張るパワーの源になっているといいんですが...。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-08 23:57 | 日本里帰り2009年

高校時代からの友達

今日は、高校時代からの友達YOKOが、実家に遊びに来てくれました。
YOKOは、現在石川県在住で、ホテルのスパにお勤め中。
ちょうど私達の里帰りに合わせて、YOKOも実家へ里帰りしてくれました。
今年、実家からの移動方法に無理があるので、実家まで遊びに来てもらったんですが、すっかり子供達もなついて、遊んでもらっちゃいました。
おやつを一緒に食べたり、遊んだり、私以上に楽しそうな子供達。
そして、地元のレモンケーキを手土産に来てくれたんですが、私は懐かしい味を満喫し、子供達もペロリと1個づつ完食。
あっという間に時間が過ぎたんですが、私も子供達も楽しい時間を過ごせて、大満足‼

YOKOへ
今日は、来てくれてありがとう。とーっても楽しかったよ。
また会える日を楽しみにしてるからね。

ちなみに、私は写真を撮り忘れたんですが、YOKOが撮ってくれて、彼女のBlogに載ってます。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-06 23:41 | 日本里帰り2009年

時差ボケ

我が家の時差ボケですが、金曜日は、朝4時起き、昨日は、5時起き、そして、今日は、5時半起きになり、今夜は、9時過ぎに寝たんですが、明日の朝はどうでしょうね??
昨日は、兄夫婦が、甥っ子達を遊びに来たりして、外で子供達は、めいっぱい遊んでヘトヘトなのにも関わらず、今朝はまだ早かったんですよね。
Aなんて、この3日間、午前中に30分くらい寝ただけで、午後は寝ずに頑張り、その後も9時過ぎまで根張り、1歳半の子とは、思えない、超人並みの体力で、家族みんなにビックリされたほど(笑)
私も時差ボケなので、朝5時には、目がパッチリ開いているんですが、あと数日頑張れば、大丈夫になるのかな??

そして、約1年ぶりの実家ですが...朝から、ご飯に味噌汁生活が、とーっても快適、快適。
それも"こしりかり"を田舎の水で炊くので、最高の味!!
やはり水が美味しいと何を食べても美味しいですよ~。
それと、実家は田舎で、家の前が公園なので、子供達が外に出ていてもそんなに危ない場所でもありません。
Kは、すっかり慣れて、1人で外へ行き、お隣さんのお姉ちゃんと遊んだりしているほど。
Aは、思ったより人見知りや場所見知りはなく、遊んでくれるんですが、突然私がいない事に気付くと、号泣。そして、その後私に抱っこされるまで泣き続けるので、やはり私がいないとダメみたいです。
こちらのお天気ですが、夜雨がポツポツはあるものの、梅雨らしくないお天気です。
日中は、暑く、私の後ろ首には、すでに汗疹っぽいのが出来つつあり、いい加減に美容院に行きたい(アメリカで行ってる時間がなかったんです!!)けれど、まだまだAが離れそうにないので、無理だろうなぁ~。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-05 23:14 | 日本里帰り2009年

無事日本に着きました

いやぁ~、どーなるかと思った長いフライトですが、どーにか日本に着きました。
SFO空港では、搭乗が30分遅れで始まったんですが、飛行時間が30分短くなり助かりました。
Aは、何度がグズグズ言ってはいたんですが、でも酷い叫びや暴れがなかったです。
ただ、機内では、ほとんど寝てくれず(合わせて1時間ちょっと)、ほとんど通路を行ったり来たりしていて、Aは、ほぼ小走りだったし、私は1度も機内食は食べませんでした。
でも、日系を使っただけあって、親切なCA(スッチー)で、ちょこちょこ声を掛けてもらったりしていたのが、救いです。
そして、無事日本に着いた‼っと思った瞬間、Aが大量う〇ちをして、飛行機を降りてから、空港内のトイレ...っと思っていたら、飛行機を降りてすぐのところで、待っていても、なかなかストローラーが出てこなくて、う〇ちが大漏れしてしまい、そこで換えて、大ひんしゅくでした。
ちょうどパイロットが降りてきて、悪臭に文句を言われたほど(爆)
でも、子連れなら、あり得ますからね。
それから、母と空港で再会し、その後約4時間半ちょっとの長旅となり...9時前に実家に着きました。
私は、最高に疲れてますが、でもホッとしている気分の方が大きいです(笑)

まぁ、数日は、時差ボケですが、来週あたりから、ボチボチ行動開始かなぁ~。
[PR]
by kumaclan | 2009-07-02 23:10 | 日本里帰り2009年