子供たちの新学期開始

日本は、お盆ですね。
私の実家は、去年祖9月に母が亡くなっているので、初盆になります。
未だ、自分の中で、祖母が亡くなった事を受け入れている部分とそうでない部分があります。
来年は、日本へ里帰りして、ちゃんとお墓参りしないとですね。

話が変わりますが、今日から子供たちの新学期が始まりました。
クラス分けは、まずまずかな。
Kのクラス分けは、選択教科は無事にとれたけれど、その他がちょっと心配と言うか問題なんじゃない??と思うんだけど、そう思っているのは親だけで、本人は至ってマイペースだからなぁ。
でも、Jr High最後の年だから、今年頑張らないと、来年のHigh Schoolで苦労すると思うんだけど、これまたマイペースでノンキなので、そこまでなーにも考えていないらしい。
Aは、Kが2年生の時にAが行ってる学校へ転校し、その時にお世話になった先生がいて、意外と兄弟って同じ先生になる事が多いので、その担任のクラスになるかと思ったけど、違った。
でも、ベテラン先生が担任になり、他の保護者からの評判はいいので(良い先生で、お勉強にも厳しいと言う意味でとあるお国の父兄には好評らしい)、Aにはそれくらいでいい。優しい先生だと甘えてしまい、やる事やらないからな。

っと言うわけで、二人とも、初日は、まずまずだったようで、笑顔で帰って来たので一安心。

現地校始まったけどさぁ、補習校の宿題がたっぷり残っているのが、気がかりなのは、この私。
子供たちは、二人ともノンキって言うか、自分の事として受け止めてないのか、危機感なし。
今年も、ちびまる子ちゃんやのび太くんになるの間違いないわよ。
最後の最後で泣きながら、”手伝ってくれないと終わらない”とか言うのだけはよしてほしい。
そして、”宿題、宿題”とは言いたくないけど、毎日、夏休みの間、遊びほうけていたのだから、そろっと宿題をやるエンジンかけておくれ!!
っと言う、母の願いは、届いてないよなぁ。
[PR]
by kumaclan | 2015-08-13 23:46 | 育児